どこでも使いたいシャチハタ印鑑

シャチハタイメージ

何か簡単な契約をする際に、「シャチハタ以外の、お認印をお持ちください」という案内をされたことはありませんか?。

シャチハタ、と言われると、最初に頭に思い描くのは、あのスタンプ台や朱肉のいらない、すぐ押せるゴム印のことです。

シャチハタなら、いつでもどこでもすぐ押せるし、印鑑を綺麗に押すのがへたくそな私には、印影が綺麗に出るシャチハタが認印で通用するなら、どこでもそれで使いたいくらいなのです。

しかし、なんでもシャチハタはゴム印で、押す際のゴムの伸び縮み具合で印影が変わってしまうという理由から、「本人が押しました」「本人が確認しました」という証明としては有効と判断できないそうなのです。

中には「シャチハタでも、十分じゃない!」と思うような、書類も沢山ありますが、口をそろえて「シャチハタはダメ」では、なんだかシャチハタがかわいそうです。

しかし一般的な契約書や誓約書、取引などの証明に関わる書類には、印影がきちんと長期間保存できる捺印が望ましいとされています。

シャチハタのインクは、最近は顔料系のインクを使用しているようで、長期間印影を保管することが最近はできるようになっているようですが、どうも以前は染料系インクを使用していたことがあるそうで、その際にじみや印影の薄さなどから、シャチハタの捺印は「ゴム印の為、印影が変形しやすい」「印影が薄い、もしくは滲み、証明としては利用できない」となってしまったようです。
最近のシャチハタは、でも、どんどん進化していますよ!。

シャチハタファンの私としては、これからそのような公的機関や公的書類、大事な書類にも、シャチハタでなぜ悪い?と言い返せるような、そんな存在になってほしいです。

とはいうものの、手軽なハンコとして、シャチハタの現在の価値があるのですから、実印や銀行印シャチハタなんて作っても、売れるかどうかは疑問ですが。

ページの先頭へ