実印はひとり一本用意を

  • RSS

高い印鑑と、安い印鑑。
同じ印鑑なんだし、それなら安いものでもいいんじゃないの?と、疑問に思われた方はいらっしゃいませんでしょうか。
私も実は、少し前までそう思っていました。
印鑑なんて使う機会はほとんどないし、立派なものを揃えてもなあ……なんて。

でも、大人になってくると、色々実印が必要になってくる機会が増えます。
結婚してマイホームを購入し、住宅ローンを組み、マイカーを購入し、旦那様が会社を設立し、賃貸で事務所を借り、連帯保証人として奥様が契約書に捺印し。
この流れの中で、実はたくさん実印が必要となります。

まず、結婚する際は婚姻届を出します。
これはまさに立派な契約書であり誓約書です。
実印を持っていらっしゃる方は、ぜひ実印を押したいところであります。
100円ショップの印鑑でも、構わないといえば構わないですが、それで押されてしまうと、女性は「この結婚、本当に本気なのかしら」とそわそわ落ち着かなくなりそうです。

次にマイホーム購入時ですが、様々な契約書や誓約書、必要書類、住宅ローンの申し込みなどに印鑑を押さなければならないのですが、不動産や住宅ローンの担当者さんは、その際に実印をお願いすることが多いそうです。
本人の契約で間違いありません、という証明のために押すのが実印ですので、これを100円ショップのハンコで押されてしまったら、担当者さんも心配でたまりません。

マイカー購入も同じように、やはりこちらも100円均一のハンコでは不信感を抱かれそうです。
次に会社の設立時ですが、個人の実印はもちろん、会社の社印(実印・銀行印・角印など)が必要となりますが、会社の実印は特に重要です。
変な人にだまされて、色々な契約やローンを組まれ、借金を会社になすりつけるなんてことがあってはなりません。
社印は念には念を入れた偽造しにくい一品が必要といえます。

また、実印は一家庭につき、ひとつで構わないだろうと思いがちですが、そうでもありません。
家族というのは共同責任のグループですが、やはり個々の意思で決めることもあります。
一番よく必要になるのは、誰かの連帯保証人になる時です。
署名はしますが、やはり誰が捺印したのか、ということも重要になってきます。
ご家族で同じ名字といえども、おひとりに一本実印を用意しておきたいものです。

[PR-実印の卸売格安ショップ]
高品質の実印が卸売価格で激安!しかも最短即日対応が可能の安心ショップです。
印鑑・実印の激安通販【日本印章社】
銀行印の印鑑の書体の選び方
http://hostalmayasalta.com/

このページの先頭へ